ネットビジネス、そしてネットでの投資と言う観点から言えばどうしても株式投資などがメインになってくると思いますが、違った意味で投資と言う考え方もあると思います。
その中でも最近非常に市場が拡大しているのがオンラインベッティングではないでしょうか。
例えば宝くじやスポーツくじなどをオンラインで購入すると言うものです。もちろんこれはあくまでも遊興目的であり投資とは明確には分類することが難しいかもしれません。

しかしながら、一定金額を投資することによってその見返りを求めると言う意味では投資の1つにあたるのではないでしょうか。
実際に、このような市場が広がるにつれて利用者もどんどん増えてきています。宝くじやこのようなスポーツくじ等についても紙媒体での購入からネットワークでの購入に変わりつつあり、誰でもいつでも簡単に利用できる対象としてはネットビジネス、それもネット投資と言うふうに考えることができるのではないかと思います。

実際に上で運用するよりも自分自身の投資金額と見返りが見える化することができ非常に利便性が高いと言えるのではないでしょうか。

もちろん、インターネットバンクなどの契約により自動的に購入することができるのでリスクが高まる可能性もありますが上限金額さえ決めておけばさほど問題はないでしょう。むしろ、前述の通り自分自身で投資する金額を決めておくことができればそれほど心配するほどではないと思います。

オンラインベッティングと言えばどうしても競馬などもイメージとしては出てくるのではないかと思います。実際に通常の競馬を楽しむのではなくデータ競馬と言う形で投資の対象として形をとらえるような市場も非常に大きくなりつつあります。

要するにギャンブルとしてではなく蓄積されたデータとして長期的に規則正しく馬券を購入することによって投資の対象とするような考え方です。データ競馬等は本当に広がりを見せており投資の対象としては大きな市場になりつつあります。場合によっては全く競馬に興味のない方々間で利用するようになっているのが実態です。

このようにあらゆるものが、投資の対象として考えられるようになり、実際にビジネスとして広がりつつあるのが実態です。今後もこのような考え方は広がる方向だと思いますし、市場としては広がっていくことが実態となるでしょう。 
消費者としても投資の対象が広がると言う意味ではメリットが大きいと言えるはずです。