仮想通貨の動きが例年よりも大きくなっていることは皆さんお気づきかと思います。
なぜ、仮想通貨がここまで大きな話題になったのかを簡単に読める内容でお伝えしたいと思います。

正直なところ、仮想通貨は評判は良くないと思います。
なぜかというと、損をしている人が多いからです。
では、なぜ損をしてしまうのか。

これはネットの口コミが大きいのかなと考えていまして、今のタイミングは買いだ!という煽りのタイミングで仮想通貨を購入する人が後を立たないからなんです。
つまり、ネットの煽りのタイミングは買いを入れるために作られたトレンドで、そこで上がったタイミングでプロ達は売り抜けるからなんです。
そうすることにより、自分が買った後に価格が下がり、これ以上元本を減らしたくないと諦めて元本割れした状態で売ってしまって、騙されたというイメージがついてしまうというカラクリがあるんです。

例えば、2018年頭に1Bitcoinが200万円近くまで一気に価格上昇してそのタイミングで買った人たちが大勢いました。
しかし、そこから1ヶ月も経たないうちに価格は下落。下がり切ったところの価格が1Bitcoin30万円台。
これは危険だと思った人たちが元本割れで売り抜け。
そして、「騙された」「仮想通貨は危険だ」という噂だけが流れていくという話なんです。

しかし、その時。200万円の時に買ってしまっていたとしても、もしこの2021年まで売却せずに持ち続けていれば、このBitcoinの価格は2021年でなんと600万円を超える価格まで登っているわけなんです。
この段階で売却すれば、なんと2018年の一番高い時に買ってしまったBitcoinも3倍の価値を見出せたわけなんです。

正直、副業としてトレーダーとしてというのは難しいかもしれません。
ただ、今の600万円のBitcoinや他の仮想通貨も合わせて言えることですが、価値がここまで変動して尚且つ、今のこの段階でも上下しつつも最低価格が確実に毎年上がっている以上、持っていて損はないものなのかなと思います。

これは、宝くじで一発当てるという流れよりも確実に可能性のある投資であると考えても良いものなのではないかと考えられます。
仮想通貨で一時期新入社員くらいの20代前半くらいの人や、大学生が億万長者になったという話があったのを覚えていますでしょうか。
「億り人(おくりびと)」とも呼ばれていたのですが、今回のこの仮想通貨の上がり方は、またこのような人を出してくる可能性が非常に高いため、少しでも持っておくべきだと私は思います。